★新卒採用に年齢制限はあるの!?年齢にネックがあるなら就職支援を受けること!★

新卒採用の年齢問題新卒採用で人材を大量に確保して企業に貢献する人材を育成するのが日本企業の古くからの慣習です。通年採用と違い新卒採用であれば社会人経験ゼロが当たり前のため、採用のポイントはポテンシャルや人柄が重視されます。実績や経験が重視する中途採用と違い、入社のハードルが低いのが新卒採用の特徴です。しかし、日本の大学4回生が皆一同にエントリーしてくるため、大手や人気企業は非常に高い競争率を突破しなくてはなりません。中には、帰国子女で語学が堪能な人や、難関国家資格を保持する就活生もいるでしょう。そんなライバルに打ち勝って内定を勝ち取らなければならないのが新卒採用です。では、新卒というのはどう定義されているのでしょうか。4年制大学であれば通常22歳となりますが、なかには留年や浪人をした結果、25歳の学生もいるかもしれません。一般的に新卒採用に公式な年齢制限はありません。雇用対策法でも年齢による差別をしてはいけないことになっています。しかし、企業を個別に見ていくとやはり年齢に上限を設けている場合もあります。一番有名な例では公務員です。公務員試験の受験資格は30歳未満となっている職種が多いため、それを超えると応募すらできなくなっています。また、大企業の中でも金融系などは25歳以上を超えてくると厳しいと言われています。ということは、2浪までで大学に進学すれば留年しないことを前提として新卒採用では普通に活動できるということになります。ただし、高校を卒業後に働いていたり、海外留学などで大学卒業が遅くなった場合は、現在までの経歴を総合的に判断して評価されるでしょう。また、大学院へ進学した場合はストレートに進んだとしても24歳で就職となるため、年齢の上限も必然と変わってきます。もし年齢がネックとなって心配な方は新卒紹介を行う人材会社などに登録してサポ―トしてもらうと良いでしょう。ここ福岡にも多くの新卒紹介を行っている企業があります。自分のバックグラウンドを考慮して求人案件を紹介してくれるので効率よく就活できること間違いないです。また、年齢について質問されたときの回答など面接対策もしっかりと助言してくれるので内定をもらえる確率も高くなります。年齢で思うように就活ができるか心配な方は検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です